【富山 ラーメン】家系らーめん ぼんち家へ突撃!

外観です。「THE 家系」という感じが来店意欲をそそります(^^)
外観です。「THE 家系」という感じが来店意欲をそそります(^^)

濃厚家系ラーメン ぼんち家 本店へお邪魔しました。

濃厚家系ラーメン ぼんち家 本店へお邪魔しました。

2021年11月オープンと比較的新しく誕生したお店です。家系麺が売りのお店なのでこってり大好物なワタクシはテンションバク上げでの来店です!

富山は比較的ラーメン店の人口密集が高い地域。家系ラーメンも例ももれず様々な選択肢があるなかでの新規出品店です。

味に自信がなければできない離れ業です。

まさにその所業は勇者そのもの!その自信とポテンシャルをとくと拝見させて頂きます。


ぼんち家へのアクセス

  • 住所:富山県射水市鷲塚1
  • 最寄り駅:あいの風富山鉄道 小杉駅より3.0km
  • 営業時間:AM11:30~翌3:00
  • 駐車場:あり
  • 支払い:現金(食券制です)
  • 主なメニュー:ラーメン チャーシューメン ネギラーメン 全部のせラーメン

新規出品店の実力ははたして?後発組は家系最前線に割り込むことが出来るか?

今回僕は「全部のせラーメン」980円をオーダーしました。

全部載せとは・・・
■チャーシュー
■煮玉子
■ ほうれん草
■のり

・・ と持てる具材の総力の限りを尽くしたお品、実力を指し図るには相応しい相手かと笑

あとは単品で小ライスをオーダー。これは後半戦の切り札として温存しておきます。

実食!!隅々までスカウティング開始!!

特徴的なのはスープは家系では珍しい塩スープ。

醤油とんこつがメジャーですが、個性的な塩とんこつベースです。

特有のまろみのある背脂はたっぷりですが、塩ベースだけあってくどさは皆無です。

口当たりがよくまろやかな風味が漂います。

なるほど、家系に塩味もアリですね!

三枚入ったチャーシューです。

厚みが並のラーメンの物よりも分厚く存在感は抜群です。

にもかかわらず、口に入れるととろける柔らかさ。

仕込みに時間と手間がかかっているのが伝わってきます。

家系ラーメンでは定番のトッピングとなるほうれん草。

食感をギリギリまで担保した茹で加減で、シャキシャキ歯ごたえは残しながらも濃い目の麺にベストマッチな

みずみずしい味です。これが脂っ毛を中和する隠し味の役割を果たします。

豪快な海苔の6枚載せです。

スープにひたして食べると磯の香ばしい味が。

麺にからめることで味変の役割も果たす重要な名脇役ですね(^^)

卵フェチとしては外せない煮玉子!

中は8:2の割合で半熟という、自分にとっての黄金比というのがめっちゃ嬉しいポイント!

これ、絶品です(^^)

無我夢中で麺をすする!そして後半戦のスタートです!

ここからは恒例の味変タイムです!

ぼんち家は豊富な味変アイテムが揃っているのも大きな魅力の一つ。

目玉の一つは冷蔵保存してある冷やし玉ねぎです。これは是非とも入れておかねば!

シャキシャキした食感と甘み&ほのかな苦味が美味しい新鮮な玉ねぎ!

適量を投入することでこってり豚骨が新たな一面をのぞかせます。まさに表と裏、

ジギルとハイドの様相を呈しています。

左から

■ラー油
■コチュジャン
■おろしにんにく

のおなじみ薬味を一通り網羅しています。

今回はおろしにんにくを少々加えます。無臭ニンニクなので気になるスメルも安心です♪

味変を終えたところでラストスパート!箸が止まらぬ美味しさです。そして麺を完食。

禁断の秘技!チャーシュー丼でシメ!

即席チャーシュー丼の完成!
即席チャーシュー丼の完成!

余らせたチャーシューと煮玉子でチャーシュー丼の完成!

濃厚な塩豚骨スープが白飯にベストマッチ。これがやりたかったんですよね。

中華麺+白飯という炭水化物の祭典という背徳感を背負いながらもひたすらに口に飯をかきこむ!

たまりません。そしてほどなく完食です。

まとめ

家系+塩ダレということで元来の正統派よりも気持ちまろやかな風味でした。

普通に一気に完食できる味ですが、中盤で生玉ねぎでの味変で楽しむのがオススメです。

新鮮玉ねぎのシャキシャキ風味で二度たのしめる、そんなお得感も満載なステキラーメンです。

今回は全部載せラーメンを実食しましたが、チャーシューが好みの味だったこともあり、
腹いっぱい堪能できるチャーシューメンも食べてみたいです。

(たしかチャーシュー5枚入りの大ボリューム)

富山は比較的家系が多い地域ではありますが、ここにあえて新規出店する自信のほど、とくと見せてもらいました。

ごちそうさまでした♪

アーカイブ

カテゴリー