【2022年最新】web会議に使える ヘッドセットはこれだ! おすすめ bluetoothヘッドセット5選

テレワークの際に持っておきたい代表的なアイテムにヘッドセットがあります。

就業形態が大きく変わったこのご時世、
テレワーク主体にシフトチェンジした方も多いとは思います。

しかし数多の数だけあるアイテム。使ったことがない方はどんな物を選べばいいのか迷いますよね。

今や必需品ともいえるヘッドセットですが、それだけに後悔のない買い物がしたい・・そんな方も多いと思います。

そこで今回はテレワーク用のヘッドセットを選ぶ為のポイントをわかりやすくご紹介。

さらに実際の商品で「これは!」というアイテムをランキング形式にてご紹介いたします。

これさえ見れば購入に迷うこともなくなると思います。

それでは早速見ていきましょう。

ヘッドセット 選ぶべきポイントはここだ!

①有線か無線か

主な接続方法としては
・USB端子やイヤホン端子の有線接続
・bluetooth接続でつなぐ無線接続
の2つに分かれます。

有線タイプですと通信が安定するというのが最大のメリットでしょう。

ケーブルが邪魔にならない、モニター前でしか使わないというのであれば、
有線タイプがおすすめです。

無線タイプですとケーブルのわずらざしさから開放される、通信の距離であれば自由に動けるというメリットがあります。

ただし、機器や電波状態によっては接続が不安定になったりすることもあるようです。

個人的にはがっつりビジネス用途で使うのであれば安定性の高い有線タイプがおすすめです。

②ヘッドホンタイプとイヤホンタイプ

頭をすっぽり覆ってしまうヘッドホンタイプと耳にだけ装着するイヤホンタイプがあります。

ヘッドホンタイプのほうが安定感には一日の長がありますが、長く装着していると耳が圧迫されて痛くなってきてしまう事も。

また、髪型がくずれやすい為、会議などで髪型を気にされる方は避けたほうが良いかもしれません。

イヤホンタイプですと気軽に取り入れやすいのですが、イヤホンが耳に合わないと落下してしまう等、安定性で劣る面もあります。

もし顔が大きめの方だとヘッドホンタイプは圧迫感が強く痛くなってくるケースが多いのでイヤホンタイプを選ぶのが無難かと思います。

耳掛け型などを選べばスタイリッシュです。

デメリットとしてはヘッドホンタイプに比べると音質で劣り、場所によっては相手の声が聞き取りにくくなるケースもあります。

③機能面は十分か?

ヘッドセットには様々な便利機能が搭載されています。

ご自身の用途に合ったスペックかどうかを確認しましょう。

主に下記のような機能がついていることが多いです。

ミュート機能

マイクをOFFにする為の機能です。自分の声が余計な場面で混じらないようにする為に便利です。

アクティブノイズキャンセル

通話の際に周囲の音を軽減。相手にクリアな音声を届けることが出来ます。

ヘッドセット マストバイ5選をご紹介!!

ここからは実際に「これは!」というおすすめ商品をご紹介いたします。

製品名接続方式装着タイプミュート機能ノイズキャンセル
ロジクール ヘッドセット H390r有線ヘッドホン
ロジクール G433有線ヘッドホン
Skyunico ワイヤレスイヤホンbluetooth無線耳掛け
エレコム HS-G60WH 有線ヘッドホン
Logicool G633s有線ヘッドホン

ロジクール H390r

【こんな方におすすめ】

  • ・とにかく接続がかんたんな物を探している
  • ・軽めのヘッドホンタイプが欲しい
  • ・保証が充実している物を探している

USBコネクタを接続するだけの簡単仕様で会話や音楽、ゲームまで高音質で楽しむことが出来ます。

有線接続ですが、ケーブルが190cmと長く、ある程度モニターから離れても使用可能。

インラインコントロールにより通話中でも音量調整やミュートへの切り替えが可能と値段にそぐわぬ機能を搭載しています。

音質面ではデジタルステレオサウンドを搭載。レーザーチューニングされたドライバーを採用することにより音楽鑑賞にも耐えうるだけの高音質を実現しています。

スペック的にも過不足がなく迷ったら無難な選択と言えると思います。

②ロジクールG433 7.1ゲーミングヘッドセット

【こんな方におすすめ】

  • ・音質にこだわった物が欲しい
  • ・会議だけでなくゲームや音楽鑑賞用と兼用したい

高度なオーディオテクノロジーを採用したゲーミングヘッドセットになります。

ブームマイクを外せば普段使い用のヘッドホンに変身する点も汎用性が高くて良いですね!

また、見た目に似合わず軽量なのも見逃せないポイントです。

軽量化により、肩や首が疲れづらいというメリットを享受することが可能となっています。

イヤーパットに採用されているのは適度なホールド感により耳を包み込み快適な着用を約束するスポーツメッシュ。

長時間の使用でも快適な使用感を提供します。

web会議が終わったら趣味のゲームなどを楽しみたいという方にとってはコスパの良い買い物になるでしょう。

③Skyunico ワイヤレスイヤホンbluetooth

【こんな方におすすめ】

  • bluetoothの製品を探している方
  • ・PCから離れた位置での使用を想定している方
  • ・ヘッドホンの圧迫感が苦手な方

最先端のbluetooth5.2が搭載されたヘッドセットです。

省エネ、転送速度 安定性が大幅に向上した製品となります。

自動ペアリング機能付きなのでスマホにもかんたんに紐づけできるので、タブレットなどで会議を行いたい方にもおすすめです。

ノイズキャンセリング機能付き。先進の機能を搭載しており雑音などを効率的にカット。騒がしい場所でもクリアな音質でのハンズフリー通話が可能です。

車の運転中などの通話にも向いていると言えるでしょう。

ワンタッチで作動するミュート機能も搭載。こちらの声が相手に聞こえなくなります。

最大で90時間連続使用可能なバッテリ容量も必要十分であり、出先での心配も不要です。

高性能で無線の製品をお探しの方には最適なアイテムとなるでしょう。

エレコム HS-G60WH 

【こんな方におすすめ】

  • ・音質や高級感にこだわったモデルを探している
  • ・高性能なマイクユニットがほしい方。
  • ・ゲームや音楽鑑賞などの多機能ヘッドセットが欲しい方。

エレコムの上級モデルに当たるHS-G60WHは、音質・装着感・高級感全てを追求したモデルです。

安定した装着感で長時間の使用でも疲れにくいアラウンドイヤースタイルを採用。

両耳のオーバーヘッドタイプがもたらす安定感は格別です。

積層振動板ドライバーを採用した密閉型の構造は雑音と効果音、BGMをしっかりと判別。

高い磁力のマグネットを使用することによりダイナミックで深みのある重低音を再現します。

収納時にも厚みが極力目立たないようなスイーベル構造を搭載していて、かさばらずに済みます。

マイクは息による不快なノイズを軽減するウインドスクリーンがついているのは会議向けと言えます。

また、オンラインゲーム、音声チャットにも最適です。
スピーカーをパソコンに接続して音楽を楽しんでいる時にも音声チャットをそのまま視聴していただくことが出来ます。

高性能で高級感のあるモデルをお探しのかたにオススメの逸品となります。

Logicool G633s

 【こんな方にオススメ】

  • ・究極性能のヘッドセットをお探しの方

究極のサウンドを求める方にはうってつけのモデル。

ドライバーにはハイブリッドメッシュ素材を採用。

音のボリュームにかかわらず深みとクリアリングを再現しています。

重厚感のある低音は一層臨場感のある音に、人や動物の声などの高音はクリアで澄んだ音で再現。

付け心地はソフトマット付きのヘッドバンド、通気性にこだわったスポーツメッシュでカバー。

長時間の着用でもノンストレスを極限まで目指した仕様となっています。

マイクはクリアな音質が伝わる6mmブームマイクを搭載。

クリアな音声が相手に伝わるのでコミュニケーションの伝達ミスを防ぐ効果が。

さらに跳ね上げるだけでミュート機能が作動します。

左のイヤホンには音源切り替えやボリューム調整のボタンが配置されており、必要な操作は左手だけで完結します。

2年間という長期保証も大きな魅力と言えるでしょう。

会議に必要なスペックは全て網羅しており、究極性を求めるユーザーであれば買いのモデルです。

まとめ

いかがでしょうか。

ヘッドセットは近年需要が急激に伸びたアイテムだけに、世に出回っている数も非常に多い物になりました。

用途に合わないものを買ってしまうと長時間つけるのがストレスになってしまい、生産性を下げることにもなってしまいます。

ライフスタイルに合わせて適切な物を購入すると逆に快適なテレワークを楽しめるようになるでしょう。

これを機会にどのような物が自分に合っているか検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー